rehay_jishin on Twitter リハビリ医療と東日本大地震を考える

<< face to face 東日本大震災リハネットワーク復興支援セミナー | main | 東日本大震災リハビリテーション支援関連10団体のホームページ >>
6th ISPRM: Symposium on Rehabilitation Disaster Reliefの報告(リハ医学会より)
  

6th ISPRM: Symposium on Rehabilitation Disaster Reliefの報告

 

日本リハビリテーション医学会 

理事長 里宇明元、常任理事 上月正博

 

 

 ハリケーン・カトリーナ(2005年)、カシミール大地震(2005年)、四川大地震(2008年)、ハイチ大地震(2010年)など世界各地で大規模自然災害が発生し、大きな被害がもたらされたことを受け、国際的に、災害時におけるリハビリテーション支援に対する関心が高まっています。

 国際リハビリテーション医学会(ISPRM)ではその活動方針のひとつの柱に災害対応を掲げていますが、2011年6月12日から16日までプエルトリコのサン・ファンで開催された第6回ISPRMにおいて、Symposium on Rehabilitation Disaster Reliefが開催されました(別紙プログラム参照)。

 日本からは、東日本大震災後のリハビリテーション医学会および東日本大震災リハビリテーション支援関連10団体の活動について発表が行われ、各方面から日本のリハビリテーション関係者の連携した活動を高く評価する声が寄せられました。併せて、これまでの災害では骨折、脊髄損傷、切断、頭部外傷、多発外傷など、外傷に伴う問題に対するリハビリテーション的対応が中心課題となっていましたが、今回の大震災での経験を通して生活機能低下に対する予防的リハビリテーションの重要性が初めて国際的にクローズアップされました。

 シンポジウムのあと、ISPRMのDisaster Relief Subcommitteeから里宇、上月に委員として参加することが要請され、翌6月14日に開催された委員会では、Disaster Relief Websiteの立ち上げ、Guidelineの策定、DART (disaster acute rehabilitation team)の育成とデータベース化、災害時リハビリテーションの疫学的情報に関するメタアナリシスの実施(非英語論文も含めて)、ISPO(国際義肢装具学会)、ISCoS(国際脊椎協会)、WHO、国際赤十字等との連携を行っていくことが決定されました。

 今後、被災地の復興に向けた支援活動は長期に渡ることが予想されますが、国際的な動向にも目を向けながら進めていく必要があると考えられます。

 

以下、Symposiumプログラム 


Program

 

Overview

13.30-15.50:  Scientific Session

15.50-16.10:  Poster Session

16.10-18.00:  Panel Discussion

 

Scientific Session:

Chairs: Jianan Li (China), Andrew Haig (USA), Jan Reinhardt (Switzerland)

 

13.30-13.40:  Introduction

-Jianan Li/Jan Reinhardt

 

13.40-13.52:  Medical Rehabilitation after Disasters: Why, When, How?

-Farooq Rathore (Pakistan)

 

13.52 - 14.04:  A New Rehabilitation Model for Major Disasters in Rural Areas based on                                  Experiences from the Sichuan Earthquake in China.

-Xia Zhang (China)

 

14.04-14.16:  Haiti - From a Post Earthquake Visit of one Month to a Collaboration of Five Years: Building a Rehabilitation Center for SCI Patients.

-Sibille Bühlmann (Switzerland)

 

14.16-14.28:  Faced with the Great East Japan Earthquake Disaster: What can the Japanese Association of Rehabilitation Medicine (JARM) Do?

-Meigen Liu (Japan)

 

14.28-14.40:  Discussion

 

14.40-14.46:  Rehabilitation Needs in Persons with Spinal Cord Injury in Post-earthquake Haiti

-Alexandra Rauch (Switzerland)

 

14.46-14.52:  Quality of Life and Social Function of Earthquake Survivors with Spinal Cord Injury One Year after Returning to the Community

-Xiaorong Hu (China)

 

14.52-14.58:  Training of Local Rehabilitation Services Providers: A Milestone Towards Effectiveness and Long-Term Sustainability of Post-Disaster Interventions

-Didier Demey (Belgium)

 

14.58-15.04:  Barriers and Opportunities to the Implementation of a Comprehensive Rehabilitation Strategy in Post-Earthquake Haiti

-Andree LeRoy (USA)

 

15.04-15.10:  Spinal Cord Injury Rehabilitation in Post Earthquake Haiti: Early Responses, Critical Successes and Longer Term Challenges

-Colleen O’Connell (Canada)

 

15.10-15.16:  Comprehensive Rehabilitation of Amputation Patients after Crush Injuries Sustained during the Wenchuan Earthquake 

-Hongchen He (China)

 

15.16-15.22:  Rehabilitation Disaster Relief: Value of a Regional Large Rehabilitation Institution after the Sichuan Earthquake

Zengchun Sun (China)

 

15.22-15.28:  Challenges in Rehabilitation Nursing in Natural Disasters in Third World Countries

-Christa Schwager (Switzerland)

 

15.28-15.34:  Comparison of Patient Education in Rehabilitation of Spinal Cord Injuries in Switzerland and in Low-Resourced Countries

-Karin Roth (Switzerland)

 

15.34-15.40:  Surgical and Rehabilitation Interventions in Response to the Haiti Earthquake Anthony Duttine (France)

 

15.40-15.50:  Discussion

 

 

15.50-16.10: Poster Session - Break

 

 

16.10-18.00:  Panel Discussion

Topic: How Can Rehabilitation Actors Coordinate Better in Disaster?

Chairs: John Melvin (USA), Per von Groote (Switzerland), Gunnar Grimby (Sweden)

Panelists:

Antony Duttine  BSc. PT

Rehabilitation Advocacy Officer
Handicap International – Federation (HI-F)

Peter Poetsma MSc. P-O
Regional Director - Latin America 

International Committee of the Red Cross - Special Fund for the Disabled (ICRC-SFD) 

Carolina Schiappacasse MD

President - Argentina ISPO National Member Society

Vice President (ex officio) - International Society for Prosthetics and Orthotics (ISPO)

International Society for Prosthetics and Orthotics (ISPO)

 

Stephen Muldoon

International Spinal Cord Society (ISCoS) Disaster Relief Committee

Regional Program Coordinator

Livability Ireland

 

 

 

| 学会・関連団体情報 | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rehayjishin.jugem.jp/trackback/192
トラックバック
無料 無料 無料
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • @daigo7さんの現地レポート on Twitter
    橋本 大吾 (05/11)
  • 日本作業療法士協会より『災害支援ボランティアの応募・派遣実績と今後の募集について』
    第45回日本作業療法学会 (04/20)
  • 救えるはずの命が…相次ぐ「震災関連死」(ケアネットニュースより)
    管理人 (04/19)
  • 救えるはずの命が…相次ぐ「震災関連死」(ケアネットニュースより)
    buranzu (04/18)
  • 日本リハビリ医学会震災関連情報センターより (3/21発信)
    Dさん (03/22)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
モバイル
qrcode